ホーム ヘルプ Powered by msearch
HP内検索  
 49件ヒットしました. 1件目から10件目を表示します. 検索にかかった時間0.01秒 
[1] [2] [3] [4] [5]  | [次へ]

1. エネルギー・システム・蓄熱
http://www.jsrae.or.jp/reito/reito6670/energy.html
俊之 49-566 49-12 1017 エネルギー資源・資源と消費の動向-現状と将来エネルギー問題 内田 秀雄 49-566 49-12 1018 石油 野田 昭弘 49-566 49-12 1021 電力の需給と新料金 佐脇順一郎 49-566 49-12 1027 エネルギ. . .

2. 研究機関紹介
http://www.jsrae.or.jp/reito/reito6670/organization.html
体の発見 木下 實 66-770 '91-12 1304 農林産省果樹試験場 垣内 典夫 67-771 '92--1 98 時代に即応した研究と教育を求めて 東京農業大学厚木中央農場 井上 知昭 67-772 '92--2 226 農業環境技術研究所エコトロン-地. . .

3. 冷凍 平成25年(Vol.88 No.1023〜1034)総目次
http://www.jsrae.or.jp/reito/H25mokuji.html
経過報告 小山 繁 6 HFCおよびHFO系冷媒の平微細流路内凝縮 ―矩形流路内熱伝達の予測モデル― 地下大輔・小山 繁 6 デシカントローターの高精度数理モデルの構築とその妥当性の検証―処理空気が室内を循環する場合. . .

4. 検索ファイル
http://www.jsrae.or.jp/reito/keyw.html
縮機 凝縮器・蒸発器・膨張弁 温度・圧力 空気調和・エアコン 冷凍冷蔵 花・野菜 食品 運転保守 新技術・新素材 関連法規 海外 上記の項目をクリックすると関連する冷凍誌バツクナンバーが表示されます。 杉山勝己. . .

5. 冷凍 平成16年(Vol.79 No.915〜926)総目次
http://www.jsrae.or.jp/reito/H16mokuji.html
結過程の解析 上村 松生 1 1.5 動物細胞のと凍結保存:医療分野への展開 高橋 恒夫・高田 圭 1 1.6 凍結・解凍装置の技術的評価 岡本 尚人 1 2. 凍結乾燥技術 2.1 食品凍結乾燥技術の進歩と実用操作への応用 相良 . . .

6. 冷凍 平成23年(Vol.86 No.999〜1010)総目次
http://www.jsrae.or.jp/reito/H23mokuji.html
本 昭 6  光ファイバープローブによる蒸気二流体ノズル内の液膜計測 三橋佑規・齋藤隆之 6  <技術賞>  給湯機用CO2 冷媒ヒートポンプユニット ―新エジェクタサイクル・新型圧縮機・冷媒熱交. . .

7. 冷媒・ブライン・潤滑・冷凍機油
http://www.jsrae.or.jp/reito/reito6670/coolant.html
) 40-451 40--5 491 液体窒素の利用による産物の凍結について 金子 愛司 40-456 40-10 867 *食品凍結に有効な液体窒素 新井 敏夫(訳) 40-456 40-10 913 冷媒 窪田 公男 40-457 40-11 924 リチウム・クロライド -. . .

8. 冷凍平成10年(VOL.73 No.843-854)総目次
http://www.jsrae.or.jp/reito/H10mokuji.html
年度)日本冷凍空調学会賞<学術賞> 過冷却の凝固に及ぼす電場の影響に関する実験検討 大河誠司・斎藤彬夫・原田忠英 6 第25回(平成9年度)日本冷凍空調学会賞<技術賞> アンモニア吸収冷凍器 黒沢茂吉・野畑邦夫・. . .

9. 冷凍機一般
http://www.jsrae.or.jp/reito/reito6670/ge-freez.html
式ターボ冷凍機 上田 宏 42-473 42--3 189 蒸気-フロン二流体サイクルタービン、ターボ冷凍装置の出現 柳町政之助 42-473 42--3 202 蒸気タービン駆動ターボ冷凍機と吸収冷凍機の組合わせについて 春江 哲夫 42-473 . . .

10. 吸収冷凍機
http://www.jsrae.or.jp/reito/reito6670/abso.html
(訳) 53-604 53--2 148 *太陽熱駆動吸収式冷却器に対する-リチウム・ブロマイドと-アンモニアサイクルの比較 伊与木茂樹(訳) 53-604 53--2 153 -リチウム・ブロマイド系吸収式冷凍機における腐蝕抑制剤の研究. . .

[1] [2] [3] [4] [5]  | [次へ]