冷凍空調技術委員会 > 次世代冷凍システム技術委員会

 

主なメンバー:

活動目的:

地球温暖化防止およびCO2排出量削減に向けた、冷凍空調分野の次 世代に必要となる要素技術とシステム技術に関し、ニーズ側とシーズ側の両面か ら技術調査を実施し、その結果を年次大会とセミナー等で報告す る。特に有機 的な連携が考えられる他分野の技術情報も収集する。委員会の下に下記2つのWG を設置して活動中。

  1. 新技術調査WG
  2. サイクル制御WG 専門図書「サイクル制御(仮題)」出版準備委員会発足

キーワード:

次世代冷凍システム技術(The next generationrefrigerationsystemtechnology), 蒸気圧縮式冷凍サイクルの制御(Thecontrol of the vapour comprresion refrigerationsycle), 新冷媒や微燃性冷媒用センサーとアクチュエータおよび制御 (Thesencingsystem & actuater & control system for the new refrigerants and slightly flammable refrigerant), HEMSとBEMS対応サイクル制御(The control of the refrigeration sycle for the HEMS and BEMS), 潜熱顕熱分離空調システム(The separation air conditioning system of latent heat and sensible heat)

活動内容:

  1. 新冷媒や微燃性冷媒に係る冷媒サイクルや再生可能エネルギー利用と関連した制御技術の情報収集。
  2. スマートグリッドHEMS,BEMS等のシステムに馴染みやすい冷熱システム制御の情報収集
  3. 潜熱顕熱分離型空調による省エネハードとソフトの構築。(学会誌等への寄稿を検討する。)
  4. 2014年度年次大会向けOSとWSの企画。

連絡先:

図1 電子膨張弁(アクチュエータ)

図2 冷媒サイクル

図3 冷凍システム制御