(公社)日本冷凍空調学会 西日本地区事業推進委員会

第14回 中国四国地区技術セミナー
「次世代冷媒とその利用に関する最新動向」

主  催   公益社団法人 日本冷凍空調学会 西日本地区事業推進委員会
共  催   熱エネルギー有効利用研究会
日  時   平成29年11月14日(火) 13:30 ~ 17:00
会  場    岡山大学 大学院自然科学研究科棟 2階 第2講義室
(講演室は大学内で変更の可能性があります.その際には申込者にご連絡いたします.)
 〒700-8530 岡山市津島中3-1-1
※駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください.

※申込受付は終了いたしました※

開催趣旨
【CPDポイント:5.0】
 冷凍機等のヒートポンプにおける冷媒や対応する機器の開発は,オゾン層対策として代替フロン等様々なものの検討から始まり, 加えて地球温暖化への対応が必要となり,地球環境と切り離せない重要な課題となっております.現在,炭化水素,二酸化炭素, アンモニア,水,空気などの自然冷媒や,近年注目されている低地球温暖化係数の冷媒などが検討され,使用機器も開発されております.
 本セミナーでは,「次世代冷媒とその利用に関する最新動向」と題して,冷媒研究の一人者である九州大学東之弘教授に次世代冷媒研究に 関するご講演をいただき,さらに,次世代の冷媒および使用機器の開発動向について,様々なお立場で関連する企業の方よりご講演をしていただきます.
 多数の方のご参加をお待ちしております.

◆プログラム◆
●基調講演〈13:40~14:40〉
(1)次世代冷媒物性研究の現状東 之弘(九州大学)
●講演〈14:40~17:00〉
(1)次世代冷媒の開発動向について福島 正人(旭硝子株式会社))
(2)家庭用ハイブリッド給湯・暖房システム堀 紀弘 (株式会社ノーリツ)
(3)新冷媒を用いた空調機の開発及び最新動向について平良 繁治 (ダイキン工業株式会社)

募集人数:40名(定員になり次第締切ります.)
参 加 費(資料代含む):会員¥2,000(共催団体含む), 非会員¥3,000, 学生¥1,000
申込方法:平成29年11月2日までに(必着)お申し込みください.下記申込フォームにご記入の上, お申し込みください.お申し込み後,参加費の支払い方法や会場案内などの詳細をご連絡いたします.
申 込 先:〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学自然科学研究科 堀部 明彦 宛    
FAX/ 086-251-8266, 
E-mail/ horibe(a)okayama-u.ac.jp ※(a)は@に変換ください
なお,当学会で開催するセミナー・見学会の参加券5枚で年次大会へ1名無料で参加することが出来ます (有効期限:開催日から3年間).