サイエンス講座「冷媒の凝縮」

主 催   公益社団法人 日本冷凍空調学会
日 時   平成29年12月4日(月) 11:00-18:30 (開場 10:30)
場 所   ダイキン工業株式会社 東京支社
  (東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル10階)

※申込受付は終了いたしました※

日本冷凍空調学会では,平成27年度から新たな学術講座「サイエンス講座」を開設いたしました.
この「サイエンス講座」は,圧縮機,凝縮器,蒸発器,サイクル理論・制御,冷媒など冷凍サイクルを 構成する主要な要素技術ごとに講座を設定し,全講座を受講すると冷凍サイクル全体の技術を修得でき るシリーズとして開催します.
今回はシリーズ第3弾として「凝縮」をテーマとする講座を開催します.


 当会発行の「冷媒の凝縮」をテキストとした講座を開設いたしました.凝縮の基礎から伝熱促進法, 混合冷媒の凝縮,最近のトピクスまでを体系的に解説するとともに,理論や実験から得られた予測式, 凝縮器の設計法などの応用的内容までをわかりやすく具体的に説明します.開発中の低GWP次世代冷媒 への対応や新しい伝熱促進技術を開発するために必要になる基礎的内容が多く組み込まれています.
 若い冷凍空調技術者はもちろん,ベテラン技術者にとっても,今まで培ってきた技術内容を再確認し, 新たな飛躍のヒントを得るための講座となっています.また,テキストを執筆した研究者を講師に迎え, 実務にすぐに役立つ情報を直接修得できる良い機会となっております.
皆様,奮ってご参加ください.                          【CPDポイント:9.5】

募集人員:40名(定員になり次第締め切ります)
受講料(税込)会員:20,000円  冷凍空調技士:10,000円  非会員:30,000円
学生会員:4,000円  学生非会員:8,000円  シニア(60歳以上):5,000円
テキスト: 「冷媒の凝縮」:4,800円(受講者特価(定価:5,500円))  送料:390円

※上記受講料は「テキスト代」を含みません.テキストが必要な方は別途ご購入ください.
※発送済みのテキストについては,包装開封後は,ご入金前であっても返品は承れませんので, くれぐれもご注意ください(ご入金前かつ,未開封の場合に限り,返品を承りますが, 往復分の送料はご負担いただきます).
申込方法: 下記申込書にご記入の上,送信してください.
折り返し,参加券,テキスト(テキスト購入(発送)希望者に限る),請求書および詳しい会場の案内図をお送りします(領収書は当日お渡しいたします).
参加費,テキスト代は現金書留または,銀行振込(下記口座)にて,開催日の3日前までにご送金ください (ご送金方法,ご送金日を必ず明記してください).原則,払込済みの参加費の返却はできません.代理出席をご検討ください.
 なお,当学会で開催するセミナー・見学会などの参加券5枚で年次大会へ1名無料で参加することが出来ます (有効期限:開催日から3年間).
振込銀行:みずほ銀行 横山町支店 普通口座 NO. 2212640
口座名義・
加入者名:
シャ)ニホンレイトウクウチョウガッカイ/公益社団法人 日本冷凍空調学会
申 込 先:公益社団法人 日本冷凍空調学会  サイエンス講座係
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル5F
 TEL:03 (5623) 3223 FAX:03 (5623) 3229



~プログラム~
月 日
時間
講 義 内 容
講 師
12月4日(月)
11:00-11:40
凝縮の基礎
~基礎式・予測式のとらえ方~
岡山県立大学
野津 滋
11:40-13:10
平板上の凝縮理論
~純冷媒から混合冷媒まで~
九州大学
小山 繁
13:10-14:00
― 昼食 ―
14:00-15:20
管外凝縮
~単管と管群,フロン系冷媒と自然冷媒の比較~
岡山県立大学
野津 滋
15:30-17:00
管内凝縮
~ミニチャンネルを含む伝熱促進のトレンド~
佐賀大学
宮良 明男
17:10-18:00
凝縮器の設計法
~空気側と冷媒側のバランス考慮の重要性~
日本大学
松島 均
18:00-18:30
質疑


日本冷凍空調学会 トップページへ
All Rights Reserved, Copyright (C) 1997-2017, JSRAE