実力確認コーナー

文中の【    】の中に入る適切な語句または数値を(1)から(4)の中から選びなさい。


問題: 第1問 ~ 第5問

1. 標準大気圧の値は、SI単位で表すと【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
2. 冷媒の【      】とは、この温度以上では圧縮しても凝縮が起こらなくなる限界の温度であり、この温度以上では、気体と液体の区別がなくなり相変化も生じない。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
3. 物質の温度が変化するときに使われる熱を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
4. 固体表面とこれに接触している流体との間に温度差があると、固体壁から流体へ、あるいは流体から固体壁へと熱が移動する。このような熱移動現象を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
5. ヒートポンプサイクルの成績係数は、同じ温度条件の冷凍サイクルの成績係数よりも【      】だけ大きい値になる。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第6問 ~ 第10問

6. 空気中に含むことができる水蒸気量には限界があり、その限界まで水蒸気を含んだ飽和空気と比較して、その空気の湿度がどの程度かを示す表し方が【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
7. 水を冷媒として使用する吸収冷凍装置では、最低【      】程度の冷水を得ることができる。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
8. 蒸気圧縮冷凍装置において、蒸発した冷媒蒸気は【      】に吸い込まれ、圧力が高められた後、管内や容器内に送られ、外気や冷却水によって冷却されて凝縮する。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
9. オープンタイプのショーケースでは、熱侵入を防止する装置として【      】を用いている。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
10. ホテル・レストランの厨房によく用いられる業務用冷蔵庫は、【      】冷蔵庫である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第11問 ~ 第15問

11. 定圧比熱と【      】との比を比熱比をといい、比熱比の大きな冷媒は圧縮機の吐出しガス温度が一般に高い。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
12. p-h線図は冷媒の状態を表す線図で、縦軸に圧力pの対数を、横軸に【      】hをとって、線図上に冷凍サイクルの様子を表すことができる。  
   (1)   (2)   (3)   (4)  
13. 空調方式は、利用する熱媒によって分類するとつぎの4つに分類できる。すなわち、全空気方式、全水方式、冷媒方式、【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
14. 吸収冷凍装置の駆動源は【      】であり、これを再生器に加えることにより低温を得る。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
15. 単段圧縮冷凍装置は、冷媒の蒸発温度が【      】くらいまで使用される。 
   (1)   (2)   (3)   (4)