実力確認コーナー
実力確認コーナー

文中の【    】の中に入る適切な語句または数値を(1)から(4)の中から選びなさい。


問題: 第1問 ~ 第5問

1. オープンタイプのショーケースでは、熱侵入を防止する装置として【      】を用いている。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
2. 固体表面とこれに接触している流体との間に温度差があると、固体壁から流体へ、あるいは流体から固体壁へと熱が移動する。このような熱移動現象を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
3. 溶液を冷却していくとき、水と溶質が同時に析出する温度を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
4. 定圧比熱と【      】との比を比熱比をといい、比熱比の大きな冷媒は圧縮機の吐出しガス温度が一般に高い。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
5. 空気中には通常は水蒸気が含まれているが、空気調和では水蒸気を含んだ空気のことを【      】と呼ぶ。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第6問 ~ 第10問

6. 一酸化炭素濃度の人体への影響で、2~3時間以内で前頭に軽度の頭痛を起こす濃度は、【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
7. p-h線図は冷媒の状態を表す線図で、縦軸に圧力pの対数を、横軸に【      】hをとって、線図上に冷凍サイクルの様子を表すことができる。  
   (1)   (2)   (3)   (4)  
8. イワシ、イカ、サンマ、アジなどの丸の凍結魚の解凍では、ドリップ流出の問題はないので【      】を採用している。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
9. 物質の温度が変化するときに使われる熱を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
10. 高圧ガス保安法では、高圧ガスを「常用の温度でゲージ圧力が【      】以上になる圧縮ガス、または温度35℃においてゲージ圧力が【      】以上となる圧縮ガス。常用温度で圧力が0.2 MPa以上の液化ガス、または温度35℃以下でゲージ圧力が0.2 MPaになる液化ガス。」と規定している。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第11問 ~ 第15問

11. アンモニアを冷媒として使用する吸収冷凍装置では、【      】程度の低温を得ることができる。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
12. 空調方式は、利用する熱媒によって分類するとつぎの4つに分類できる。すなわち、全空気方式、全水方式、冷媒方式、【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
13. 圧縮機は大きく分けると、容積圧縮機と【      】圧縮機とがある。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
14. 吸収冷凍装置の駆動源は【      】であり、これを再生器に加えることにより低温を得る。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
15. 空気調和の定義における四要素とは、温度、湿度、清浄度、【      】の4つである。 
   (1)   (2)   (3)   (4)