研究機関・大学研究室の紹介 本学会と関係する研究機関・大学研究室の紹介

研究機関・大学研究室のリンクを募集しています


■東京工業大学 大学院理工学研究科 機械物理工学専攻 大河研究室
当研究室では、水を上手に利用する技術の向上に努めるべく、工学的観点と理学的観点の幅広い視野から物事を見つめ、グローバルな環境を考慮しながら、水、水溶液の特性をマクロ・ミクロの両面から理解し、現象を解明するための基礎研究やその利用方法の開発などを行っている。

■電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域 大川・榎木研究室
大川・榎木研究室では、エネルギーと環境に関する研究を行っております。 熱と流れは、発電所、燃料電池、ディーゼルエンジン、鋼の焼入れなど、様々な分野において重要な研究分野です。

■芝浦工業大学 熱プロセス工学研究
当研究室では、エネルギー利用の高度化を大目標とし、大局的な視点に基づいた動力・エネルギーシステムの熱力学的な特性解析、システム・ダイナミクスと最適設計・制御に関連する研究を展開し、また、動力・エネルギーシステム内部に見られる多様な熱流動現象を実験と数値シミュレーションの両面から解明し、要素性能向上とシステム全体の高性能化への方策を探っています。研究テーマはガスタービンなどの熱機関から燃料電池、さらにはそれらを含む分散エネルギーシステムにまで広がっており、興味の種は尽きることがありません。

■東京大学 飛原・党研究室
本研究室では、環境にやさしくかつ人間の快適性も損なわないような社会作りを目指したテーマを研究しています。
最近の研究テーマには以下のようなものがあります。
・環境調和型エネルギーシステム ・小型高効率エネルギー機器の研究開発
・環境とエネルギーに関わる諸問題 ・マイクロ・ナノスケール熱工学

■東京大学大学院工学系研究科 機械工学専攻 大宮司研究室

■早稲田大学 勝田研究室
『伝熱工学や二相流の基礎を解明しつつ,環境に調和した熱システムへの展開をめざす』あらゆる熱エネルギシステムの設計において,その基盤となる伝熱工学を中核に研究を進めています。

■金沢大学理工研究域機械工学系 環境科学研究室
デシカント空調プロセスの高度化と応用範囲の拡大を目指して構成機器、吸着剤、システムのそれぞれの面から下記の研究テーマに取り組んでいま す。 ○ 太陽熱温水駆動による実証試験 ○ 2段除湿型デシカント空調プロセス ○ 同時熱交換型除湿機の開発 ○ デシカント空調用吸着剤の性能評価 ○ デシカント空調用吸着剤のVOC除去特性 ○ 間接気化冷却器の最適操作条件の確立

■佐賀大学 宮良・仮屋研究室
当研究室では,省エネルギー化技術や地球温暖化緩和技術の進歩に貢献するため,低GWP冷媒の活用,再生可能エネルギーの有効利用をはじめとしたさまざまな研究に取り組んでいます.
キーワード:伝熱工学,二相流,低GWP冷媒,輸送性質,再生可能エネルギー

■岡山大学 伝熱工学研究室
本研究室では,種々の熱移動現象,物質移動現象,流動現象を実験的および解析的に研究すると共に,蓄熱槽や吸着式冷凍機などの省エネルギー機器の開発,潜熱輸送物質や流動抵抗低減物質などを 含有する機能性熱流体の開発とその熱物性値評価に取り組んでいます.

■青山学院大学 熱工学研究室(熊野研)
研究内容:アイススラリー,ハイドレート,エマルション,数値解析など

■静岡大学 福田研究室
冷媒圧縮機の性能に関する研究
  圧縮特性・・圧力,温度変化
  効率・・・・漏れ,伝熱,機械損失,流体損失
  信頼性・・・潤滑,摩擦,摩耗
  環境・・・・振動,騒音,新冷媒,新冷凍機油
  制御・・・・過渡応答
  など

■早稲田大学 齋藤研究室
熱と物質の同時移動現象の解明から大規模熱システムの非定常現象の究明と最適設計・制御に関する研究を進めています.
具体的には,汎用熱システム解析手法の確立,吸収冷凍機用吸収器の高性能化,吸収冷凍機の非定常特性の究明,吸収冷凍機の最適設計・制御,デシカントローターの最適設計,ターボ冷凍機の最適設計等の研究を進めています.

■東京海洋大学 エネルギー変換研究室
本研究室では,冷凍空調分野で熱交換器を中心とする要素機器の省エネルギー化・高性能化に関連する先端・環境調和技術を教育・研究の課題としています. 特に,相変化を伴う吸収・凝縮・蒸発熱伝達および物質伝達特性に関する現象を中心に,一般の陸上定置型や船舶などの移動体の冷凍空調機器の熱的設計に貢献することを目的とする研究,それらに関する人材を養成する研究室です.

■九州大学大学院 総合理工学研究院 エネルギー物質科学部門 小山・宮崎研究室
・ヒートポンプシステムの高性能化
・ミストの発生条件
・超臨界・亜臨界域における二酸化炭素の伝熱特性
・多成分混合冷媒の管内蒸発・凝縮
・扁平多孔管内の冷媒の凝縮
・細管内の冷媒の蒸発
・吸着式ヒートポンプシステムの研究
・気液対向流式吸収器の研究

■九州大学 熱エネルギー変換工学研究室
熱エネルギーを有効利用することにより、今後予想されるエネルギー問題と環境問題を解決するための研究を行っています。
・次世代型高性能原子炉の開発と安全性の向およびその設計指針を得るための研究
・エネルギーの有効利用上重要な装置であるヒートポンプの高性能化に関する研究
・次世代エネルギー媒体である水素の利用技術および水素エネルギー変換過程にともなう排熱の利用技術に関する研究
・太陽熱および光エネルギーの利用技術と伝達機構に関する研究

■日本大学理工学部 精密機械工学 マイクロエネルギー研究室
本研究室では、熱電発電機、スターリング発電機、ランキンサイクル発電機、燃料電池をマイクロマシンの発電機として候補に挙げ、研究をしています。

■東北大学 流体科学研究所 極低温流研究分野(大平研究室)
液体水素や液体ヘリウムなど極低温流体を用いる極低温流応用技術は,宇宙開発や超伝導応用エネルギー機器を支える極めて重要な先端技術であり,大きな発展が期待されています。
当研究室では,極低温流体の混相流動現象の解明と先進的極低温機器への応用を目的として,実験・数値解析の両面から総合的研究を行っています。
(1)スラッシュ状極低温固液二相流体の熱・流動現象の研究
(2)キャビテーションなど極低温気液二相流動現象の研究
(3)極低温気液二相流体の熱・流動現象の研究
(4)水素エネルギー技術開発のための応用研究

■東京大学 相良研究室
本研究室の目的は地球規模で深刻化している食料・環境・エネルギーに関連する諸課題に対し、農学を基盤として総合的に解決するための国際的スペシャリストを育成することにある。
現在、進行中の研究テーマは1)国際協力、2)食品工学および3)食感性工学の3分野に大別される。

■広島大学 食品工学研究室
当研究室は昭和43年に食品化学工学講座として設置され、数次の改組を経て、現在、食品工学研究室として生物生産学部と大学院生物圏科学研究科において、学生の教育および研究を行なっています。
また、当研究室では広島大学内に設置された教育・研究施設との連携を進めており、ベンチャービジネスラボラトリー(VBL)では、動的材料特性解析実験室において、「安全・安心を確保し,環境に配慮した食品の生産技術の開発プロジェクト」を実施しています。

■東京海洋大学 食品冷凍学研究室
 「基礎的な研究」
 1)氷に関する研究
 2)食品のガラス転移研究
 3)界面現象の観察
 「応用的研究」
 ・生野菜やウニなど冷凍できない食品の新しい凍結法の研究
 ・魚卵の凍結保存
 ・食品のガラス転移研究(冷凍魚肉、カツオ節など乾燥した水産食品、デンプン、パスタ、アイスクリームなど色々扱ってます)
 ・ 魚貝類の"活きのよさ"判定法の研究

■諏訪東京理科大学 システム工学部 今村研究室
安全・安心な社会の実現が叫ばれて久しいですが、連日のように火災・爆発事故のニュースは後を絶ちません。また、地球環境にやさしく、かつ、稼働効率の良い機器やエネルギー源の開発と、安全性を確保した実用化が、これからの地球で生きていくためには必須です。事故を減らし、地球のエネルギーを安全に・有効に利用していく。安全・安心な社会の実現に、燃焼工学・エネルギー工学の面から貢献するための研究を行っています。