新冷媒評価委員会

■新着情報

■委員会の目的
本委員会は、今後新たに開発される冷媒ガスの加害性の区分の評価・確認を行うことを目的としています。

■評価内容
対象となる冷媒
  • 冷凍保安規則第2条第1項第3号に掲名されていない冷媒であること。
  • ASHRAE 34またはISO 817のA1またはA1/A1であること。
  • 一般高圧ガス保安規則でいう「不活性ガス(可燃性のものを除く)」に属する冷媒であること。
  • 最大圧力が概ね5 MPa程度であること。(二酸化炭素のように10 MPaを超える冷媒は対象外)

評価結果の扱い
  • 書面にて申請者に通知します。
  • 学会ホームページ等に公開します。
  • 経済産業省高圧ガス保安室から要請があった場合には、結果を通知します。

■委員会の運営
  • 委員会は、原則として年2回開催します(4月および10月)。
  • 委員は委員長、副委員長を含めて12名とし、冷媒の生産者(冷媒メーカー)、使用者(冷凍空調関連機器メーカー)、 中立者(学術、研究機関)の3分野から1/3ずつ選任します。
  • 委員会は公開とします。事前に申し込めば傍聴することができます。
  • 詳細は運営規則をご覧下さい。

■申請
申請者は、冷凍空調用冷媒の生産、輸入、販売を業としている者とします。申請者は以下の書類を提出して下さい。 特に記載のない場合は日本語で記載して下さい。
  1. 申請書:様式1
  2. ASHRAE34への申請データ一覧表:様式2-1様式2-2様式2-3
  3. ASHRAE34への申請書類の写し(英語)
  4. ASHRAE34に登録されたことを示す書類
  5. 高圧ガス保安法一般高圧ガス保安規則の可燃性基準に関するデータ:様式3
  6. 安全データシート(SDS)
  7. 最大圧力が5MPa以下であることを示す資料

  • 申請者は、印刷書類(14部)、電子データ(CD-ROM)を委員会開催の1か月前までに、学会事務局まで提出してください。 但し、申請書類3については、電子データ(CD-ROM)のみの提出でも可とします。
  • 申請費用として冷媒1件当たり10万円(消費税別)を申し受けます。支払い手続きについては学会事務局までお問い合わせください。


■2017年度第2回委員会の予定
   2017年10月13日(金) 14:00-17:00
   公益社団法人 日本冷凍空調学会会議室
   申請者は9月13日(水)までに申請書を提出し、10月12日までに申請費用を支払ってください。
   傍聴希望者は10月10日(火)までに申し込んでください。

■問い合わせ先、申請先
   疑問な点があれば、FAQをご覧ください。

   〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル5F
    公益社団法人 日本冷凍空調学会 新冷媒評価委員会
    Tel 03-5623-3223  Fax 03-5623-3229
    Email:akira.nishiguchi.pk@jsrae.or.jp